SFAを活用できるかどうか

会社で取引先と会話をする機会が多いのですが、ある会社では担当でないと全く話が通じず、担当とタイミングが合わない為になかなか物事が進まないことがあります。また一方、別の会社では毎回違う人が電話をかけてくるが、話が一貫しており、誰と話してもスムーズに物事が進む会社があります。電話を受け取る側として、毎回相手が違うというのも大変ですが、誰とでも話が通じるというのは社内での情報共有がしっかりとなされていると見なされ、とても評価が高くなります。意外とそういう会社は少ないのです。日本では未だに多い一現場一担当制ですが、SFAを利用して情報を共有すれば、もっと効率よく取引先との商談も進められ、より多くの担当を持つことができるのではないかと思います。情報のデータ化が当たり前になった現代で、もう一歩先まで進む必要が出てきたのではないかと思います。

SFAと営業支援というシステム

SFAとは営業支援システムということですが、だれでもが知っているように、営業はビジネスでも一番大変な部署で、またストレスも溜まる部署でもあります。また現実的にも毎月その営業で成果が上がらなければ、会社全体が食べていけないということでもあります。そして営業ということでは、太古の昔から商取引の原型の頃からあっただろうということも確かで、その長い歴史の中に今の営業があるということでもありますが、それは常に進化しています。そしてその進化にうまく乗れると、営業も大きく伸びていき会社も成長していくということになります。その進化の最前線にあるのがSFAを始めとする営業システムということになります。そしてそれを如何に利用できるかで、営業成績も大きく変わってくるということで、そのシステムも常に進化しているということになります。

SFAの利用と営業の能率化

営業はビジネスの中心的な柱でもありますが、その利用の仕方で成果も違ってくるということになります。道具も使い方で、役にも立てば弊害にもなるということですが、SFAも同じで、非常に能率の良い営業システムであり、営業の社員を総合的に管理できて、機能的に使うことができる優れたシステムでもありますが、あまりにも機能的過ぎて、利用している方が疲れてしまうこともあります。切れすぎる刀のようなもので、自分たちを傷つけてしまうということもあるからですが、その面でも使い方があるということで、それらのシステムを提供している経験豊かなベンダーに相談しながら導入していくということが良いのではないかと思います。そのような専門家は成功例や失敗例を知っているということでもプロということで、これから導入したいという会社にとっても将来の収益の向上や弊害なども手に取るようにわかるということだからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

当サイトはSFAの導入を支援しています!