SFAの秘書的な役割

ビジネスでの営業ということでは、昔はとにかく根性で、行動あるのみで当たって砕けろ的な営業が中心でした、それがインターネットなどでの利用から海外の営業の効率的な方法が受け入れられるようになると、単に根性だけでは、うまくないのではないかということになりました。それで営業支援システムを導入すると、非常に収益が上がり、機能的な営業を行うことができるようになったということですが、メリットとしては管理がしやすいことや、すべきことの優先順位がわかりやすいことや、つい忘れてしまい営業を失敗するということも少なくなるということで、その営業社員の秘書的な役割をしてくれるというシステムではないかと思います。また顧客管理と連動しているシステムになっていますから、その面でも使いやすいということですが、当然業界や企業で営業の形も事情も違いますので、どのSFAでも良いということではないのは当然になります。それで選ぶ必要があるということになります。

SFAとベンダーの利用

SFAでは、他のシステムでも同様ですが、とにかく導入すれば収益が上がるというものでもないということで、最善の導入方法があり、SFAでも最善のその企業にあったSFAがあるということになります。それはその企業の内部にいる場合には見えない部分もたくさんあるだろうと思います。そうなると内部からの導入でのメリットの把握と、外部から見たその企業の導入した場合のメリットでは違ってくるのではないかとも思います。また同じ営業支援システムでも、特長が違っているので、その企業にあったものを選ばないとより効率が上がらないということにもなります。そのような意味でもベンダーを利用して、外部の事情の相談などから、新しい使い方を取り入れるということも必要になるのではないかと思います。あるひとつのアイデアでヒット商品になったシステムもあるくらいですから、ベンダーをできるだけ利用するということも面白いと思います。

SFAと電子秘書化のメリット

SFAは営業支援システムということですから、今まで営業を担当していた人が、自分で全てを理解してまとめながら行なっていた営業を、より効率化していくことができるからこその営業支援であり、営業支援できないシステムでは意味がありません。いうなれば今までひとりで営業していたものを電子秘書とふたりで営業をしていくようなものですが、インターネット関係の進化ということでは、将来は擬人化した映像が必要なときに現れて、すべきことを支持してくれたり、相談ができるようになったりするのではないかと思いますが、それもウェアラブル端末の利用などで実現していくのではないかと思います。しかし今の時点では、注意を換気するとかアラームを鳴らして、予定の待ち合わせなどを知らせてくれるとか、クレーム処理での利用とかということが中心になってくるのかもしれません。しかし自分一人で全て実行することから比べればとても楽に営業ができることは間違いないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

当サイトはSFAの導入を支援しています!