SFAの導入でビジネス運営の効率化がスムーズに。

日本においてはバブル景気の崩壊以降、景気の回復が成し遂げられることがいまだになされていません。この約20年間は失われた20年とも言われており、この期間において日本企業は業績の低迷や悪化に苦しんできており、なんとか存続していくために事業の縮小や経費の節減、企業運営・ビジネス運営の効率化に取り組んできました。とくにここ最近ではビジネス運営の効率化に注目が集まってきています。かつてはリストラ策などが中心でしたが、それだけでは企業としての成長が見込めません。それに対してビジネスチャンスを掴むために積極的にSFAなどのIT技術などを導入することでビジネス運営を効率化するほうが企業の業績向上に直結してきます。とくに営業支援システムなどを取り入れることにより、個人個人の力だけでは解決できないような難題でも組織として取り組むことがスムーズに行えますのでさらにチャンスを掴むことが出来るのです。

アメリカから日本に輸入されたSFAの現状

SFAとは企業の営業活動を支援サポートするシステムのことです。もともとアメリカで開発されたものですが、元はといえば在宅勤務の営業マンを管理するために生まれてきたものでした。それを使えば上司と部下が顔を合わせなくとも入力された情報によって勤務状況が把握できるというわけです。それが輸入されるといかにも日本人らしくチームプレイの側面が強調されるようになりました。個人プレイがメインだった営業の仕事もSFAで情報が共有されることによって互いに協力しながら業績を上げることができるようになるという考え方です。その一方で、SFAとは上司による部下の監視であるというイメージも根強く、それが日本での普及が思ったほど進まない一因だとも言われています。そこで部下から上司への提言という要素をそのシステムに加えることによってイ一方的な管理というイメージを薄める試みもなされています。

SFAを活用しての営業

SFAは、日本では未だ馴染みのない言葉ではありますが、実際、会社で自然と実行しているところは多いのではないかと思います。ネット社会になった現代で、パソコンで情報を管理するのは当たり前の時代になっています。SFAとは、今まで個人個人で管理をしていた営業の顧客情報を電子データ化し、会社全体で情報を共有し、進捗状況などを把握する営業支援システムのことです。ほとんどの会社では顧客データを紙で保管しているというところはもうないでしょう。何かしら電子データ化して保管していると思いますが、せっかく電子データ化したのであれば、それを全社、せめて部署内で共有するのが好ましいと思います。顧客情報を全員が把握していれば、急な対応も担当者でなくても取りやすくなったりと、社内でのフォローがうまくいきやすくなるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

当サイトはSFAの導入を支援しています!