接点記録をデータベース化するSFAの魅力

企業がデータベースを活用することは当たり前の出来事であり、その存在は活動の効率性を向上させると言えます。例えば企業で導入するSFAもそれを代表する存在と言えるでしょう。これは既存の用紙を用いた接点記録を行わず、パソコンなどを使用してデジタルでその記録を致します。この利点は他ならぬデータベース化の構築であり、データベースとなった接点記録は様々な観点から検索や比較検討が可能になります。それはその事案が現在進行中の場合は勿論、過去の営業でありましてもその足跡を分析することが可能となります。それは自分の接点記録である場合もあるかも知れませんし、会ったことも無い、かつて所属していた先輩方の記録である場合もあります。SFAではデータベース化のおかげでそれらの過去の記録を見直し、そこから新しい契約の方法を見て取ることができるという大きな利点があります。

営業のレスポンスを上げるSFA

SFAの特徴は会社などで行う営業活動の一切を、ITで管理することにあります。それは営業スケジュールの管理から接点記録、そして実際の営業に用いるデータの収集などをこれで実施します。そしてほぼ全ての営業に関する業務をWebを介して行うことが、最大のメリットであります。これは接点記録を作成する為だけに、オフィスに帰る必要が無いことを意味致します。実際にSFAを営業に組み入れた事業所におきましては、従来では禁則事項であった営業先からそのまま自宅に帰るということが、許可されるようになった例もあります。勿論その恩恵は業務終了時だけではなく、営業最中でありましても大きな効果が存在します。例えば、接点記録を移動中に作成してWebから会社に提出することにより、営業先をレスポンス良く回り続けることができるという効果がそれであります。

SFAの導入でビジネスチャンスを活かす。

インターネット環境の整備・普及が急速に進行している現在においては、あらゆる分野において国際化、グローバル化が進んできています。このような国際化はいい影響を及ぼす反面、よくない影響を与えることも出てきています。それが国際的な競争が激しくなってきていることなのです。国際的な競争が一段と激しくなってきており、価格競争などが頻繁に起こっており、これが企業の体力を奪ってきているのです。そのために企業においてはビジネスチャンスをいかに掴めるか、効率化、経営のスリム化をいかに促進させていくかが非常に重要になってくるのです。そのために多くの企業では営業支援システム、SFAなどのIT技術などを積極的に導入することによりビジネス運営を効率化させていくことがさかんに行われています。このようなシステムや技術を積極的に活用することが出来ている企業こそがビジネスチャンスを活かせるのです。

ネクストSFAは見込案件をどのタイミングでどういう風にアプローチするべきか教えてくれる画期的なツールです。 今月の着地見込を管理できていますか。行き当たりばったりな営業をしていませんか。管理が楽になるネクストSFAサービスを利用してナーチャリングをしっかりとやりましょう。 せっかくの見込をつまらないミスで失ったことはありませんか。なんとなくの管理から適切な管理に変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

当サイトはSFAの導入を支援しています!